隼によるブログ FGOやアニメなど

隼と言います。基本的にアニメや漫画の紹介をしていきます。NBAの話題も扱う様に

アズールレーン オススメSキャラ

最近アズールレーン始めたので使い易いキャラとかそうでもないキャラとかやっぱり違うのでそれを記事にしようと思いました。

今回はアズールレーンでのオススメSキャラを紹介していこうかと思います。

 

 

f:id:rook0819:20171007013117j:image

まずはインディアナポリスちゃん!!

とにかく硬い!!高い耐久性が魅力の重巡です。シールドを張ったり、低確率でダメージを半減したりします。

 

 

f:id:rook0819:20171007013311p:image

お次はユニコーンちゃん!!補助系の空母です。(軽空母)

前線キャラ回復や装填値アップなど空母としての活躍だけではなく前線が戦いやすくなります。

 

f:id:rook0819:20171007013510p:image

続いてはサラトガちゃん!!単純に空母としての火力が高いですし、重巡が前線にいると強化してくれたりします。

 

まぁ僕自身初心者なので玄人達は俺にこれも使い易いとかそういう意見沢山出ると思います。

出来たらそういうのコメントなどで教えていただけると助かります。

 

 

俺のお姉ちゃんを見ていってくれ←

f:id:rook0819:20171007013730p:image

 

FGOかるーーーく水着頼光の紹介

隼と申します。

今日から水着イベ2部が始まって、無事大好きな頼光ママこと源頼光の水着Verをゲットする事が出来たので雑談含めて紹介していこうかなと思い記事にしました。

f:id:rook0819:20170817230202p:image 

 

ガチャは取り敢えず2万円ぶっ込みました←

f:id:rook0819:20170817230147p:image

 

結果は……

 f:id:rook0819:20170817230909p:image

f:id:rook0819:20170817230855p:image

f:id:rook0819:20170817230859p:image

三人揃いました〜、エルキドゥ礼装こそ来なかったものの大満足!!

 

取り敢えずは頼光を育てたのでそれだけで一安心です。

 

それでは性能を見ていきましょう!!

 

f:id:rook0819:20170817233502p:image

ステータスはHP型のランサーですね。正直ATK偏重の方が嬉しかったですが、狂化などスキルで上乗せ出来るのでそこまで気にならないと思います。

 

 続いてスキル構成のお話。

f:id:rook0819:20170817231324p:image

かなーり強力なスキル構成です。

第一スキルの影の風紀委員長は星(クリティカル)で殴るのに最適なスキル。スター集中とクリ威力アップの二つが一緒なのはお得。

 

第二スキルの錬鉄鉄車はバスターアップと弱体解除ですね。なんとこれは好きなサーヴァントに使えるのでサブとしての運用も出来るこれまたお得スキル。最優先でスキレベ上げていこうかな。

 

第三スキルのサマー・カタストロフは全体攻撃アップとスター発生アップです。カリスマの強化版といった所ですかね。しかしこれで星生産まで補助出来ちゃうのが嬉しい。

 

f:id:rook0819:20170817232057p:image

 

狂化がバーサーカーの時よりランク落ちてますね。まぁ今回はバーサーカーではなく影の風紀委員長ですからね←

 

f:id:rook0819:20170817232949p:image

コマンドカードはB2Q2A1の平均的ランサーのバランスかと。

 

ではこれにて失礼致します!!

 

f:id:rook0819:20170817232718p:image

FGOのIDです。 767,609,162

フレンド結構いっぱいなのでこれらにアカウントの名前をコメントで教えていただければ出来るだけ承認致しますのでよろしくお願い致します。

 

Twitterもやってまーす!!

@enchan_0819 

 

 

FGO フェスに行ってきました。

本日7月30日開催されたFate/Grand Order Fes. 2017 ~2nd Anniversary ~に参加してきました。

そのリポートというかこういう展示があったよ〜など報告します!!

 

f:id:rook0819:20170730231421j:image

 入場ゲートからリヨ絵のキャラ達がお出迎えしてくれました。

 

 

f:id:rook0819:20170730225222j:image

f:id:rook0819:20170730225735j:image

f:id:rook0819:20170730225643j:image

f:id:rook0819:20170730225334j:image

少し先へ進むとキャラのパネルが置いてありました。

f:id:rook0819:20170730225445j:image

 僕の好きな源頼光さんもバッチリ撮れて大満足!!

 

f:id:rook0819:20170730225840j:imagef:id:rook0819:20170730225849j:imagef:id:rook0819:20170730225902j:imagef:id:rook0819:20170731003301j:imagef:id:rook0819:20170730225946j:imagef:id:rook0819:20170731003355j:image

他の展示では各キャラの宝具もありました!!

公式コスプレイヤーさんが使ったりするのでずっと置いてある訳ではなかったです。

 

f:id:rook0819:20170730230553j:image

ダヴィンチちゃん、ネロ、ジャンヌオルタめちゃくちゃカッコイイですね。

f:id:rook0819:20170730230610j:image

f:id:rook0819:20170730230720j:image

 師匠のコスプレ良いですね。師匠の服リアルだとここまでエロくなるんすね。

 

その他にも着ぐるみステージではマシュ、ぐだ子、アルトリアの3人が登場!!

f:id:rook0819:20170730230907j:image

 

f:id:rook0819:20170730231101j:image

マシュは基本的に大人しくテチテチ歩いて可愛かったです。

 

f:id:rook0819:20170730231200j:image

f:id:rook0819:20170730231340j:image

アルトリアさんは手に持ってる剣でツンツンしたりぐだ子とガンを飛ばしあったりして中々の暴れよう。

 

f:id:rook0819:20170730231320j:image

一番の問題児、くだ子。客に蹴りを入れたり、通り道にいるオタクを蹴ってどかしたりやりたい放題。

 

着ぐるみはステージ以外にも周囲の散歩をしたりしていたのであちこちで見かけられました。

f:id:rook0819:20170730231921j:imagef:id:rook0819:20170730231947j:imagef:id:rook0819:20170730231955j:imagef:id:rook0819:20170730232002j:image

どんどん近付いてくるぐだ子。怖いです。

 

 

そんな数多くの催し物の中でも僕が一番気に入ったのはFGO After Partyと言ってパネルで今までの特異点の記録を振り返ろうといった展示物が良かったです。

 f:id:rook0819:20170730232039j:image

 

第一特異点オルレアン

f:id:rook0819:20170730232049j:imagef:id:rook0819:20170730232101j:imagef:id:rook0819:20170730232121j:image

 

第二特異点 セプテム

f:id:rook0819:20170730232220j:image

f:id:rook0819:20170730232324j:image

f:id:rook0819:20170730232412j:imagef:id:rook0819:20170730232421j:imagef:id:rook0819:20170730232429j:image

 

第三特異点 オケアノス

f:id:rook0819:20170730232513j:image

f:id:rook0819:20170730232543j:image

f:id:rook0819:20170730232557j:imagef:id:rook0819:20170730232604j:imagef:id:rook0819:20170730232623j:image

 

第四特異点  ロンドン

f:id:rook0819:20170731003427j:image

f:id:rook0819:20170730232736j:image

f:id:rook0819:20170730232817j:image

 

第五特異点 イ・プルーリバス・ウナム

f:id:rook0819:20170730232843j:image

f:id:rook0819:20170730233003j:imagef:id:rook0819:20170730233021j:imagef:id:rook0819:20170730233030j:imagef:id:rook0819:20170731003452j:image

 

第六特異点  キャメロット

f:id:rook0819:20170730233112j:image

f:id:rook0819:20170730233141j:image

f:id:rook0819:20170730233205j:imagef:id:rook0819:20170730233215j:image

 

第七特異点 バビロニア

f:id:rook0819:20170730233300j:image

f:id:rook0819:20170730233333j:imagef:id:rook0819:20170730233343j:imagef:id:rook0819:20170730233349j:imagef:id:rook0819:20170730233359j:imagef:id:rook0819:20170730233408j:image

 

マイルーム

f:id:rook0819:20170730233432j:image

 

エピックオブレムナント

f:id:rook0819:20170730233511j:image

f:id:rook0819:20170730233545j:imagef:id:rook0819:20170730233608j:imagef:id:rook0819:20170730233619j:imagef:id:rook0819:20170730233642j:image

 

f:id:rook0819:20170730233848j:image

f:id:rook0819:20170730233902j:image

f:id:rook0819:20170730233935j:imagef:id:rook0819:20170730233959j:imagef:id:rook0819:20170730234007j:imagef:id:rook0819:20170730234015j:imagef:id:rook0819:20170730234023j:image

 

とまぁ取り敢えずはこんな感じでした。

並んでいて行けなかった催し物なども多くて全然行けなかったですけどすっごい楽しかったです。

また最後のステージでは過去の特異点の話をボイス付きで楽しめ、何と坂本真綾さんが生バンドで「色彩」を披露!!大興奮のままFGOフェスは大成功に終わりました。

 

ちなみに、何故かフードコートにいたマフィア梶田さんと写真を撮る事が出来ました。

f:id:rook0819:20170730234325j:image

 

Twitterもやってるので是非そちらもよろしくお願い致します。

Twitter  @enchan_0819

 

ゲーム「死印」を買ってみた!!

 久しぶりのブログ更新です!!

今日の話題は6月1日に発売したばかりのゲーム「死印」です!!

 

 

f:id:rook0819:20170606235330j:image

↑パッケージデザインです。真夜中の電話ボックスの前に頭部が異常にデカい人が立っています。

 

 僕は表紙のデザインを見た時から、何だこれは?凄い気になるなぁと思っていました。

 

ゲームもちゃんと当日に買いに行き、仕事の休憩時間などを利用してプレイしています。

 

「死印」のあらすじ

 怪異に接触すると、腕に死の呪いである「シルシ」が刻まれる。その呪いの原因となった怪異の問題を解決するしかありません。そうして主人公と同じように「シルシ」が刻まれた人達と力を合わせ解決に向かいます。

 

ゲームシステムはホラーADVで心霊スポットなどに出向き、怪しい場所を調べて重要なアイテムや情報を手に入れ、最後に怪異の原因となった幽霊、化物と戦うといった感じです。戦うと言っても、手に入れた情報とアイテムを駆使して選択肢を選ぶタイプなのでアクションが苦手な人は特に楽しめるのではないでしょうか?

 

 僕が好きな点は、デザインのセンスがある所ですかね。一番好きなのはパッケージなんですけど、それ以外にも興味深いデザインが沢山あります。

 

など何でこんな状況になったの?と興味をわかせる様になっていると思います。

快楽天ビースト(キアラさん)が来てしまいました。

f:id:rook0819:20170510235859p:image我がカルデアにヤバイ人が来てしまったようです。

 

f:id:rook0819:20170510235622p:image

 

はい、殺生院キアラさんです。

呼符と数回石で回したら来てくれました。

 

スキル構成は下記の通りです

 

f:id:rook0819:20170510235821p:image

f:id:rook0819:20170510235850p:image

f:id:rook0819:20170510235921p:image

f:id:rook0819:20170510235941p:image

 

第一スキルのスキルレベルを10まで上げるとNP50アップらしいのでかなり優秀だと思います。

第二スキルは相手全体のチャージ減なので複数のボス相手をする時などで重宝されますね。

第三スキルはHPダウンというデメリットがありますが様々なバフが付く強力なスキルです。宝具で回復出来るので合わせて使うといいかもしれません。

 確認しました所、宝具の威力が結構低いです。弱点をついてもそこまで火力が出ないので周回には少し考えましょう。

 

アルターエゴという特殊なクラスなので、周回の場所は選びそうですね。それでもNPアップ持ちの全体宝具なので活躍の場はあるかと。

ステータスもそこそこですね。ぶっ壊れレベルのサーヴァントではありませんが普通に強力なので好きな方は引かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

映画を踏まえて黒子のキャラNBAで通用するのか!?

 ラストゲーム見てきました。友達3人で見に行ったんですけど正直周り9割が女の子でアウェイ感ありました←  

 それでも漫画を上手く昇華して迫力のある映画で大満足です!!

 

 本題に入る前に黒子のバスケ(以降略 黒バス)とNBAコラボしてたんですよね。キャラがNBAのユニフォームを着ているというのはNBAと黒バスのファンからしたらたまらないですよね。

 f:id:rook0819:20170412013752j:image

※アニメ 黒子のバスケ 公式ツイッターより

 

 緑間君のセルティックス(色)とか黒子のスパーズ(凄いのに影薄いとこ)はまさにイメージ通りだなーと思いました。

 正直レイカーズが黄瀬くんかなーと思いましたが同じ黄色のウォーリアーズでしたね。それでブルズが赤司君かと。

 

 前置きが長くなってすいません!!

それでは黒子のバスケキャラNBAで通用するかどうかという話題に!!映画公開したのでそれも加味して話していきます!!

 

 

ラストゲーム(エクストラゲーム)のネタバレが少々入りますのでご注意ください。+個人の見解です。納得いかないこと沢山あると思いますのでそういうの見たくない方は戻った方がよろしいかもしれません。

 

 

それじゃあ通用しそうな順番で話していきます!!

 

まず初めは緑間君です!!

作者が認めるチートキャラですね。コートの何処からでも体勢が崩されなければ100%入るという能力は驚異です。

それに身長もキセキの世代で2番目に高い195cmという事でNBAのSGのポジションでも平均身長くらいはありそうです。しかし今のままでは体重が軽いのでディフェンスで苦戦必至ですが。

 それでもそのオンリーワンの才能はどのチームでも必要とされるはずです。しかし、火神にメチャクチャブロックされていた事を踏まえるとシュートモーションから放つまでが長いのではという危惧があります。

 緑間君の特性上、相手チームは間違いなくマークマンを1人ずっと付けっぱなしにするはずです。そこでタメが長いシュートは作中同様ブラックにかかるのでは。

 しかしディフェンスの1人がずっと1人を守っているという時点で凄いアドバンテージになるので第1位に選びました。

 

 

次は意外かもしれませんが黄瀬くんです!!

正直エクストラゲーム見るまでこんな高評価じゃなかったんですけど、赤司君がベンチにいる間PGを任されてましたよね。

 身長は189とNBAでは小柄ですが背が伸びる事を考えればGとしてなら全然ありです。

 器用貧乏に陥る可能性もありますが、どのポジションでも出来る万能性は出番を獲得する条件としては大きいです。

あとなんと言ってもゾーンとパーフェクトコピーの合わせの存在です。ジャバウォック戦でも圧倒出来る力というのはNBAでもチャンスがあるのでは?と考えました。長時間の使用は無理みたいなのでシックスマンとして短時間で大量得点を狙う役目が合っているかもしれません。

 

 

 3人目は紫原君です!!

NBA選手の体格に1番近い彼を選びました。他のキャラにも言えることですが兎に角、身長に対して体重が軽い……。紫原君はCなので特に体のぶつかり合いが激しいポジションなので肉体強化は必須です。

 しかし規格外の守備範囲や機敏性を持っているのは素晴らしいです。現代のNBAに求められる機動力のあるCとして活躍出来るかもしれません。高校一年生で208cmということでこれからも成長が期待できます。210後半になれば身長面では完全にクリアです。

 ですが体重、体格以外にも懸念事項が。それはシュート範囲の狭さです。作中でもまぁポジションからではあると思うのですが、ほぼほぼゴール下からしかシュートしてないんですよね。ミドルレンジくらいなら打てるというのであれば大分評価も変わってきます。

 

 

続いてと言うか、天帝の目とかいうチートスキル持ちのせいで順位がよく分からない赤司君!!
天帝の目、正直未来が見えるだとかどう評価すんだよ、味方全員もれなくゾーンに入れるとかもあるしぶっちゃけ1位でもいいかもしれません……。
とまぁチートキャラなのに悩んだ理由はやはり身長です。体重も軽いですし守備で間違いなく穴になるはずなんですけど……。天帝の目とかいうチートスキルでシュート打つ前にカットしたりするんですよね……。それってもうどうしようもないんですよね……。

 

 キセキの世代最後のキャラは青峰君です!!

キセキの世代エースが何で最後なんだよ、死ねとか言わないでください!! お願いします!!

 

高校バスケでは圧倒的なスピードと有り得ないサーカスショットでスコアラーとして活躍していました。しかしジャバウォック戦でシルバーよりは遅いみたいなんですよね。それだとNBAトップレベルのスピードでは無さそうという結論に至ります。

気持ち悪いフォームからのサーカスショットは確かに脅威なんですけどそれ以上にスピードで周囲を圧倒していた青峰君にはキツイと言わざるを得ません。(ボード裏から決めたりするのは止めるのキツそうですけど)それにPFとして190cmは小さいです。なのでポジションチェンジは必至ですね。(作中でもPFしてたかと言われれば微妙ですがリバウンドしてたイメージないし)

 

キセキの世代は以上です。

 

残りは火神君と黒子くんですね。

 

火神君の特徴は圧倒的な跳躍力にあります。見た感じ1m以上は確実に飛んでるので、NBAでも最高到達点だけなら負けてないと思います。それで目標となるのは、2mに満たないながらもリバウンド王に輝いた元ブルズのデニス・ロッドマンのようなリバウンダーです。守備が良くなれば活躍出来るポテンシャルはあります。

懸念事項としましては、体格以外だと紫原君と同じでシュート範囲の狭さですかね。ゾーンに入れば別のようですが、スリーポイントやミドルレンジのシュートが苦手みたいなのでシュート範囲を少しでも広げる必要があると思います。

 

最後に主人公の黒子君!!

彼は正直体格、身体能力などは作中でも言われている通り問題外です。しかし彼もオンリーワンの能力で姿を消しパスの中継役や消えるドライブ、消えるシュートなど自分だけの武器を持っています。本編のラスボスである赤司君と同じように評価の難しい選手だと思います。

 

黒子のキャラ全員に言えることですが兎に角体格面で劣ります。映画を見ると身体能力は大きくは負けてなさそうなので。(シルバーとかがNBA予備軍とすれば)

 

ここまで読んでくださった方、誠にありがとうございます!!  この情報間違ってるや私はこう思うなどの意見があればどんどん教えていただけると嬉しいです!!

シャドバ ちょっとアグロ対策したランプドラゴン

 こんにちは〜、正直僕はシャドバそこまで強い訳では無いんですけどランプドラゴンをほんの少しだけ改造したデッキを紹介します。

 

※そこまで強い訳でも無いよ!!  

 

f:id:rook0819:20170409014947p:image

 

こんな感じです。  え? サハクィエルとゼル入れないの?って感じだと思うんですけど。その2人バハムートと3枚揃わないと使い辛いイメージあってあんまり好きじゃないんですよ……(個人のイメージなので怒らないで)

 

ぶっちゃけリンゴーン、アグロ相手だと遅延効果が結構大きいんですよね。攻撃力1しかないフォロワーだと二体攻撃受けられますし。アグロ相手だとその一点、二点が響くので意外と使えますよ。

 

なのでアグロネクロ相手にもそこそこ戦えると思いますよ。

 

 

しかし……、このデッキの問題点。イージスビショップ相手だと何も出来ません。

イージス相手だとそれこそゼル、サハクィエル、バハのコンボなどで先に顔面パンチで倒すって感じになりがちなので。

 

なのでこうしたら良いんじゃない?  だとか感想やアドバイスいただけると嬉しいです。だけどメンタル弱いのであんまり虐めないでね!!

FGO GO 個人的に可愛いキャラ、面白いキャラ

 4月1日エイプリルフール限定でFGO GOっていうアプリが登場しましたね。

 内容的にはポケモンGOのキャラがfateになった感じ。

 そこで個人的にこのキャラ面白いなとか可愛いなっていうのをピックアップしたいと思います。

 

まず水着マリー!!

f:id:rook0819:20170401235317p:image

うーん、素直に可愛いですね!!  帽子とワンピースがよく似合ってます。

 

次はニトクリス!!

f:id:rook0819:20170401235441p:image

マスコットのような愛らしさがあって良いですね。格好は痴女みたいな感じですけど(この時代だと普通なのかな?)

 

次は山の翁!!

f:id:rook0819:20170401235545p:image

 初代様が可愛い!!  本編でも人格者だし謎の愛嬌があるように思えます。この絵でも顔と胸の髑髏がキュート!!

 

 続いては個人的にフフッと笑ってしまったシリーズ!!

 

 まずは新宿のアサシン!! 

f:id:rook0819:20170401235731p:image

 

 なんだそののっぺりとした顔はwww  本編だとかなりイケメンなのにwww

 

 次はかろ……ギルガメッシュ!!

f:id:rook0819:20170401235815p:image

 死にそう……、これ社畜は笑えないかもしれませんね……。昔も働く人は大変なんだなぁ。

 

  続きましてはケツァルコアトル!!

f:id:rook0819:20170401235958p:image

 まぁ本編でも顔芸しますけどねwww

 

最後にガウェインさんです!!

f:id:rook0819:20170402012856p:image

 6章のお前絶対許さん……。あの時はオリオンいなかったからフレンド借りて殺してやったわ……。

 

とまあ簡単に紹介しました。

時間的にもうサービス終了しちゃいましたがFGO本編頑張って行こうと思います!!

ソーシャル性薄いソシャゲの方が人気あるのでは!?

 ふと思った事がある。今流行りのソーシャルゲームの数多くはソーシャル性あんまり無いという考えである。

 

 ソシャゲなのにソーシャル性薄いって矛盾して無いかという事は一先ず置いておこう。例を挙げると不動の人気を誇るパスドラ。

 

 フレンドの定義もあるし、他の人と協力してダンジョンを進めるものがあるが基本的には自分がどれだけ難しいダンジョンをクリア出来るかといった物であるような気がする。(やってはいるがニワカの意見なのでご了承を) 

f:id:rook0819:20170227183124p:image

↑上記のようにフレンドのキャラを1つ連れて行くことが出来る。

 

 次に僕が主にやっているFate/GrandOrder。

こちらもフレンドのキャラを1人連れて行くことが出来るが基本的に自分1人でストーリーやイベントをこなして行く。

 一時期レイドイベントなどもあったが結構不評であったし、メッセージを送ったりギルドやクランといった概念もない。

f:id:rook0819:20170227184045p:image

↑黙々とクエストをして成長させる為の素材集めなどでキャラクターを強くしていくゲーム性。

 

  CMでもお馴染みのシャドウバース。こちらは対人カードゲームと言うことで常に他のユーザーと戦うゲームではあるのだが。メッセージを送ったりは基本的にないし(機能あるのかどうか)他の人とコミュニケーション無いカードゲームといった印象。

 

 ここで何故ソーシャル性が薄いゲームなのに人気があるのかというに触れていきたい。

 1つの仮説としてソーシャル性の鬱陶しさが無くて逆に人気があるのではといった考えだ。

 

 とあるゲームでギルド対抗戦などが活発なものがある。そのゲームではギルドのランキングによって賞与が変わってくる為メンバーを厳選しているものが数多くあった。

 「戦闘力〇〇〇以上限定」「放置〇日以上で脱退」などなど強いギルドに行くにつれてこういった制限があったりする。

 ギルド対抗戦は重視していないギルドもあるがそういったギルドは殆どが放置プレイヤーだったり、チャットで仲が良い人達で一杯など別の鬱陶しさがあった。(チャットワイワイやるのも楽しいが)

 

 そういったゲームは重課金勢や所謂廃人といった極めたプレイヤーなどが活発な為逆に初心者やゆるく遊びたいプレイヤーが肩身の狭い状況だったりする。

 そういった煩わしさが無い方が今のユーザーには受けるのかもしれない。

 

 

 

ソシャゲでチンポンデリングという名前のキャラが生まれた。

 今回の話題はTwitterで噂のチンポ◯デリングとは何か?というテーマで話して行きたいと思います。

 

f:id:rook0819:20170216161230j:image

 はい、単刀直入に上の画像がチンポン〇ンリングです。

 

 事の発端は『妖怪惑星クラリス』という新しく始まる予定のゲームの公式Twitterからでした。

f:id:rook0819:20170216161759p:image

 

『妖怪惑星クラリスとは?』

https://www.claris.kolaen.com/

 今年の春リリース予定の新作スマホゲームです。風の噂では韓国の企業が作っているらしく日本語が怪しいのでは?と言われています。

上の画像の2キャンペンって書いてありますし。

 https://youtu.be/NAuZTrHPzMY

公式PVもキャラクターの危なさと不慣れな日本語が目立つ。

 https://youtu.be/NPdCr4wF4xw

見てると不安になってくるバトル画面である。冒険してるシーンもなんとも言えない感じである。神ゲーの予感

 

f:id:rook0819:20170216161923p:image

 

 いきなり公式が上のキャラクターの名前を募集しだしたのである。そうしてユーザー達がリプを送り反応があったものを採用しようという試みである。

 

 そうして複数候補が選ばれ、そのうち4つからアンケートで票が多いものを採用という形になった。↓結果が下の通り。

 

f:id:rook0819:20170216162433p:image

 

 見事チンポンデリングが本採用に至ったという訳である。その結果を受けて公式もノリノリである

 

f:id:rook0819:20170216162630p:image

 

 といった経緯であった。果たして『妖怪惑星クラリス』はリリースされるのか?チンポンデリングは審査に通るのか?

まだまだ目が離せない所である。

 

『妖怪惑星クラリス

公式Twitter   @claris_pr

youtubeチャンネル  goo.gl/dkUoLS

 

 

ルークのTwitter   @rook0819